各社における還元率の違いについて

| 未分類 |

今やポイント市場なるものがでるほど、その存在は大きくなり、様々なお店でカードを作るともらえるようになりました。中でもクレジットカードについては、当たり前の存在となり、その還元率の高さで会社を選ぶ人も多くいます。また、そこで選ばないと後悔すると言える程です。

 
最近では、他のクレジットカードとの間での提携が結ばれるなどして、A社とB社の間で交換ということも当たり前にできるようになりました。だからこそ、高い還元率のカードを探して、それをメインカードにすることがお得への第一歩となるのです。

月01
では、各社でどれほどの違いがあるかというと、0.5%~3%と相当の違いがあります。%だけでみると大したことがないように感じますが、実際に現金に換算すると、大きな違いが分かります。例えば、1000円の買い物で0.5%還元だった場合、5円となりますが、これが3%還元だった場合、30円になるのです。これだけでもお得なのが分かります。

 
これが大きな金額になったら相当の差が出てきます。どれだけ還元されるのかを侮っては損をすることになりかねません。これからクレジットカードを作ろうという方は、そこに注目してカード選びをしてみると、よりお得に過ごせます。快適なカード生活を送れるはずです。